情報

お盆の由来と盆棚

お盆の由来と盆棚のアイキャッチ画像

2019.08.10

お盆の語源は、 仏教における盂蘭盆会(うらぼんえ)、または盂蘭盆(うらぼん)を略した言葉とされており、太陰暦(旧暦)では、7月15日(または8月15日)に行われる夏の御霊祭です。 現在では、盆休みの帰省に合わせて8月15日を中心に、ひと月おくれの盆行事が、もっとも盛んになってきたんですね。

盂蘭盆会の語源は

古代インド語の「ウランバナ」を漢字で音写した、逆さづりと言う意味です。 お盆のはじまりについては、「盂蘭盆経」の中の親孝行の大切さを説いた教えが知られているそうです。

お釈迦様の弟子が、ある時神通力によって亡き母が餓鬼道に落ち逆さ吊りにされて苦しんでいると知り、どうしたら母親を救えるのか、お釈迦様に相談しにいきました。 するとお釈迦様は、「お前が多くの人に施しをすれば母親は救われる」と言われました。そこでお釈迦様の教えにしたがい、夏の修行期間のあける7月15日(旧暦)に多くの僧たちに飲食物をささげて供養したのです。 すると、その功徳によって母親は、極楽往生がとげられました。というお話です

推古天皇の14年(606)に、はじめてお盆の行事が行われたと伝えられています。 以来(旧暦)7月15日は、父母や先祖報恩感謝をささげ、供養する重要な日となったんですね。

盆棚 (盆棚とは、又の名を精霊棚ともいい、お盆のお供え物と、供養したい方の好物だった物などを置く棚の事です)

お盆のお供え物 「キュウリの馬」「ナスの牛」について 「精霊馬(しょうりょううま)精霊牛」とも言われています。 ご先祖様の霊が、足の速いキュウリの馬に乗ってやって来て、帰りにはゆっくりと景色を眺めながらナスの牛に乗って帰っていくと言われています。 地域によっては、行きも帰りもキュウリの馬に乗り、ナスの牛には旅の荷物を載せて運ぶとも言われています。

お盆の期間中は飾っておき、その後、茄子と胡瓜(乗り物としてお供えしているので)は食べずに川や海に流すか土に埋めるようです。 ゴミとして出す際は、塩で清めて白紙(半紙・キッチンペーパー等)に包んでから出しましょう。

お供え物のそうめんには、馬に乗って帰る際に、手綱と牛で土産物を運ぶために荷物をくくる荷綱となる説があるそうです。 ほおずきは提灯にみたてているそうです

迎え盆(迎え火)・送り盆(送り火)

13日の夕方か夜に菩提寺とお墓に参り、祖先の霊を迎えます。 これを「精霊迎え」と言い、霊が迷わず帰ってこられるように焚くのが「迎え火」です。 お盆の行事は各地の風習などがあり、宗派によっても様々です。 16日は送り盆です。この日に、お盆の間の一緒にすごした祖先の霊を送り出すことを「精霊送り」と言います。この時に「送り火」を焚くことも広くおこなわれています。

何かしみじみと感じるお話ですね。私はお盆中の誕生日の為、幼いころからよく果物やお供え物のお菓子で胡麻化されていましたので、いい思い出はあまりないですが、 お墓参りや仏前のお供え物にはご先祖様に対する深い思いがあったんですね・・・

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0800-300-1064

受付時間:平日 9:00 ~ 19:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

〒531-0072 大阪市北区豊崎3-8-5 朝日プラザ梅田II 214号室